スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸雄くん病院へ行くの巻 

陸雄くんの手の瘤が心配なので病院に行く事にしました。
しかし陸雄くんは「でかい、重い、呼んでも動かない」など困難は多く、
移動方法にペットのタクシーを頼むか、人間の乗るタクシーのワゴンタイプに
するかいろいろ考えました。
結局、陸雄くんが運べるレンタカーにしましたが借りた車は予想に反し小さく、
(だって大きなリクガメを運ぶとは言えないし・・。)
何とかギリギリ載ったけれど走り出してまだ数十メートルのところから
陸雄くんたら馴れない車に動揺し、車内をガリガリ、ボリボリ。
り・り・陸雄くん、これは借り物なのよ。ガリガリしないでくださいよ。
走り出して5分もしていないのにもう引き返して病院行きはやめようかと思いましたよ。
すでに人間クタクタ。
陸雄くん、車に乗る


なんとか病院にたどり着きドクターに手伝っていただいて陸雄くんを診察台に乗せました。
陸雄くんちょっと緊張の面持ち。
緊張する陸雄くん


さて、お約束の体重測定です。
ジャーン!お約束の体重測定
驚かせましたがこれは入れ物ごとの重さです。
46.04-入れ物の重さ3.22=42.82
陸雄くんは42.82㎏でした。


陸雄くん、10年程前にレントゲンを撮っていただいた先生ですよ。覚えていますか?
その時、君のお腹の中にはマグネットとクリップが映っていましたね。「こちら」
陸雄くん7歳でした。先生も10歳若かったんですね♪

今回は手のレントゲンを撮り、骨には異常ないことがわかり ホッ!
やはり何かが原因で、ばい菌が入り膿が溜まっているとのこと。
悪い腫瘍ではないけれど放置しておくとこれが大きくなり骨を溶かし、
腕を切断しなければならなくなることもあるそうです。侮れません。
その膿をどうやって採ろうか検討中であります。
普通サイズのかめさんだったら局部麻酔でちょちょいと採れるそうですが
でかい陸雄くんはあばれたら大~変~。
どーしましょうか?



とても診察台の上では無理そうなので下ろしましたが、
陸雄くん身の危険を感じて逃げの体勢です。
逃げる陸雄くん


でもとうとう取り押さえられました。
治療する手をバスタオルで吊るし上げられ、
腕が引っ込まないようにそこらへんにあった副え木のようなのもので押さえられ、
注射針が刺さらないので麻酔なし。
皮膚を切開してスプーンで膿を掻き出してぺろぺろした皮ははさみでちょきちょき。
痛そうだったけれど陸雄くん幸せですね、スタッフのおねいさん達にやさしく支えられて。
でも、目で助けを求めています。(笑)
たすけて~~!


こ~んなに膿が取れましたよ。カシューナッツみたいのが。
ドクターのblogにも載せていただいたので見てくださいネ!
巨大かめさん治療♪
どーぞ。
スポンサーサイト

そこは・・・、 

陸雄くん、時々お散歩中に気に入った場所を見つけると暫らくそこを動きません。
ここは、わたしの机。
そこにどっしりと腰をおろし、まるで私の代わりに仕事をしてくれているような態度。
椅子までどけちゃって~~。
riku-doite1.jpg

この背後にはmoniのケージがドーンと置いてあるので人1人がやっと通れるスペースしか
ありません。なので私は立ったまま電話をとったり書類の整理をしたりしています。
陸雄くんの足を踏まないように。 陸雄くんたらあくびなんかしちゃってさ。
riku-doite2.jpg




陸雄くんの手、瘤が大きくなってしまいました。
riku-te1.jpg


歩き回ると血が滲んできて痛そうです。
riku-te2.jpg

このままでは治らないと判断し、病院へ連れて行く決断をしました。
riku-te3.jpg

1回のお食事 

陸雄くんのごはんです。
毎日この位、ペロリと食べてしまいます。
きゅうりの大きさで全体量をイメージしてくださいネ。
今の時期のメインはシロクローバー。それに小松菜、チンゲン菜、リーフレタスなどです。
rikugohan.jpg

カメラを向けると「な~~に~~?」とこっちを見てくれます。
rikugohan2.jpg

陸雄くんのメインの食事は自力では賄えないので牧草センターからお取寄せです。
有機質栽培無農薬なので、もれなくおまけが付いてきます。
この「おまけ」とは・・・、

虫の嫌いな方は見ないでね!


      ↓

      ↓

      ↓


今週は「ナメクジ」さんです。
週替りで「おまけ」も替わります。収穫する圃場によっても違ってくると思いますが。
だんご虫さんがいっぱいのときもあります。
ムカデの赤ちゃんが混じっている時もあります。
下の画像は1回分の陸雄くんのごはんから抽出したものです。
もちろん全部は取りきれないので、この倍以上入っているのではないかと推測されます。
1箱の中にはさらにその5倍は居ることになります。
時には大きく育ったナメクジさんが居る時もあります。
気付かずに触ってしまって「ぎゃぁ~~!」と叫んでしまいます。
草の中から出てきた虫さん達は好き勝手に歩き回り事務所のいたるところで目にします。
床をお散歩していると踏みそうになってしまいます。
干からびて張り付いているときもあります。
陸雄くんも知らずに食べてしまいます。虫さんゴメンネ。
name.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。